文字サイズ

ホーム > 委員長挨拶

委員長挨拶

農学知的支援ネットワーク(JISNAS:Japan Intellectual Support Network in Agricultural Sciences)は、農学分野での大学等の国際協力に係るネットワークです。大学が国際協力に関与するにはいくつかの仕方があります。一つは途上国や我が国の高度専門人材の育成、一つは途上国で生じる課題や国際開発という営為に関する学術研究、そして、国際協力を実践するアクターとして関わるというものです。JISNASの目的は農学分野でのこれら教育、研究、社会貢献等に係わる国際協力活動への参加の意図を有する大学等の高等教育機関の連携および我が国の国際農業研究機関との連携を促進することです。

JISNASは2009年11月30日の設立以来、その目的を実現すべく様々な活動を通じて「知と経験」の共有を進めてまいりました。この間にも途上国や新興国を含めた世界の社会・経済でのグローバル化は進展し、国際協力に求められるニーズは多様化・複雑化し、これらに対応すべく我が国の大学・研究機関の国際化は主要な趨勢となっています。今こそ、個々の知見を越えた農学国際協力ネットワークは効果を発揮できるものと期待されます。

JISNASを通じた農学国際教育研究における協力の推進は、途上国の人材育成のみならず、国際教育、国際共同研究、国際協力に関わる我が国の人材の育成にも寄与し、国際社会における大学・研究機関等の役割の強化に繋がるものと考えます。皆様の積極的なご支援、JISNASの活動に対するご理解・ご参画をお願い申し上げます。

2015年4月1日
農学知的支援ネットワーク
運営委員長緒方 一夫